台湾の優秀な人材。

台湾の優秀な人材。

この週末を移動日にして、4泊5日の台湾出張に来ています。

今回の出張の主な目的は優秀な翻訳者の採用。

当社の場合だと、中国大陸向けではパートナーの逸行旅行社に優秀なスタッフが沢山いるので翻訳も丸投げできるけど、台湾・香港に関しては自分たちで人材を確保しなければならない。

とはいうものの、幸い私たちはPeachと組んでいる広告事業で台湾・香港の親日ユーザー6万件以上のリストを所有しているので、このユーザーに募集をかけたところ、なんと台湾だけで100名以上の応募がありました ヮ(゚д゚)ォ!

これはちょっと想定外だったので、この応募者に対し翻訳テストを実施して、その中から上位5名を選出。

この時点で倍率は20倍以上と、かなり贅沢な採用活動です。

今回はその5名の人達との面談なのですが、なかには台中の方もいるので、意外と移動に時間が取られる。(今回はじめて台中に行ってきました)

しかし当社のような海をまたいだビジネスでは現地の人材が命なので、優秀な人材を確保する為なら、アジア中どこだって飛んでいきます。

そして徹底的に口説き落とします(笑)。

今回面談した人達も日本での勤務経験がある方ばかりで、関空でグランドスタッフとして働いていた方をはじめ、下手な日本人よりも日本語でのコミュニケーションが達者。

なんだかこういう人達を目の当たりにすると、私を含めて日本人はもっともっと頑張らないと、どんどん追い抜かれて行っちゃうな〜という危機感が強い。

今どきの新卒だって、「転勤やだ」とか「海外勤務やだ」みたいな寝言いってる場合じゃないぞっ!

・・・ということで、私も中国語の勉強とSkype英会話をまた頑張ろうと思った次第でございます(笑)。