コト消費筆頭。

コト消費筆頭。

先日、当社の台湾・香港向け広告桃旅嚴選にご出稿いただいたクライアントの取材に行ってきました。

↑の画像はその時のようすです。

このレッスンではお寿司の歴史から知識をクイズ形式で学んだあとに、実際に職人さんがお寿司作りを教えてくれるというもの。

訪日外国人ウケ間違い無しの、コト消費筆頭ですね。

このレッスンには欧米からのお客さんが多いそうですが、ここ最近はアジア圏の参加者もジワジワと増えてきているそう。

私たち日本人が興味を持つのは「握り」のレッスンだと思うのですが、海外では寿司=巻物のイメージが強いようで、レッスン中に一番盛り上がるのは巻物を作る工程なんだそうです。

たしかにカリフォルニアロールなんて逆輸入ですもんね。

取材の記事を既にリリースしていますが、Facebook経由のアクセスも上々。
※取材記事はこちら

やっぱりこれは素晴らしいコンテンツだな〜。

桃旅嚴選でも、もっともっと体験型イベントの情報を充実させていきたいと思います。

日本の文化はコンテンツとしてピカイチなので、たくさんの観光客に体験してほしいですね。

今、当社で注目しているコンテンツは相撲部屋体験とか(笑)。

私の地元は両国の近くだったので、小さい頃は親に無理矢理相撲体験に参加させられていました。

お相撲さんにまわしを付けてもらって、1時間くらい稽古を体験してからのお風呂→ちゃんこ鍋の流れです。

ウチの対象外ではありますが、この相撲体験はモンゴル人にウケそう(笑)。

あとは訪日外国人向けの社会科見学なんかも面白いかな〜と思っています。

やりたいことはまだまだたくさんあるので、ひとつでも多く実現できるよう、これからも頑張っていきます。