情報爆発。

情報爆発。

先日、とある経済誌で驚きのデータを見ました。

インターネットを中心とするITの発達により、年間で生み出されるデジタルデータ量は2000年の62億ギガバイトから、2013年には4.4兆ギガバイトと13年間で約700倍に膨れ上がっているそうです。

これは、現代人は江戸時代の人が一生かけて得る情報を、わずか1日で消費するレベルなんだそう。

さらに今後も情報量は増え続け、2020年には44兆ギガバイト(今のさらに10倍)まで膨らむと予測されています。

2016年現在で、世界中にWebサイトは10億個もあるみたいですよ。

ここにFacebookやTwitter、LINEといったSNSがからんでくるので、もうどうしようもない(笑)。

人間の集中力低下は大問題

日本国内でもここ数年でスマホ比率が急激に伸び、今では電車内の優先席で老人がスマホをいじっている始末(笑)。

信号待ちでもスマホ、歩きながらでもスマホ、車を運転中にスマホ。

これは衝撃的なのですが、カナダのマイクロソフト研究チームが発表した調査結果では、現代の人間の集中力は「金魚」よりの低いんだそうな(笑)。

マジかそれ。。

デジタルが進化すればするほど、人間がどんどんバカになっていく・・・。

100の言葉より1枚の写真

こうやって読みての集中力がますます低下していく時代には、広告にも工夫が必要です。

特にインターネットの広告は「文字」が中心になりますから、読み手の集中力を高めるようなビジュアルが大切。

例えばランディングページにはブロックごとに画像を使うなど、ビジュアルには特に気を配りたいところですね。

広告を作る際には、「相手の集中力は著しく低い」ということを肝に銘じておきましょう。

私も気をつけたいと思います(笑)。