台湾の大衆食堂。

台湾の大衆食堂。

台湾といえば美食の国。

小籠包・牡蠣オムレツ・魯肉飯からマンゴーかき氷まで、美味しいものばかりで女子旅にも大人気です。

・・・が、毎月のように出張で行っているとさすがに小籠包も飽きる(笑)。

ぶっちゃけ夜市なんて、もう年に数回しか行かない。

特に台湾で「美味いもの」は基本的に小麦粉かお米の料理なので、こんなもんばっかり食ってたら一週間でメタボになってしまいます。

そこで最近ハマっているのが、現地では「小吃店」と呼ばれる台湾の大衆食堂。

街中でよく見かけるこんな感じのザ・ローカル食堂です。

なんとなく観光客にはレベルが高そうですが、お店によっては英語の数字も通じないですけど(笑)、それでも皆いい人ばかりなので大丈夫です。

ここ最近のヒットは台湾風おでん。

甘辛く煮込んだおでんはどれも最高にウマイ!

とくに大根がオススメです。

それ以外にも、だいたいどのお店にもあるのが酸辣湯(スーラータン)。

日本ではラーメンが有名ですね。

私、日本ではスーラータン(ラーメン含む)を一度も食べたことがなかったのですが、こっちで初めて食べてから、滞在中はほぼ毎日いろんなお店で食べ比べをするほどハマっています(笑)。

あと美味いのは青菜ですね。

だいたい一皿30元(110円くらい)で茹で野菜が食べられます。

茹で野菜・スーラータン・台湾おでんで5日間はいけるかな(笑)。

ぜひ台湾に行く機会があれば大衆食堂に立ち寄ってみてください。