旺角のランガム・プレイス。

旺角のランガム・プレイス。

今や香港の若者に大人気となっているショッピングモール、ランガム・プレイス。

ここはひとつのモールに高級ブランドから手頃なスポーツショップ、10代向けのショップまでいろいろ入っているので、尖沙咀や中環の百貨店とはまた違った特徴があります。

そして、ランガム・プレイスといえば名物がこのエスカレーター。

4フロアをぶち抜く高低差で、その距離は約45m。

特に下りは、高所恐怖症の人は要注意です(笑)。

おぉ・・・まるで下界へ吸い込まれてしまいそう。。

そしてなんとこのエスカレーター、今年の3月には猛スピードで逆走するという大事故があったのです。

その様子がこちら(15秒辺りから衝撃の映像)。

じ・・・地獄。。

18名が負傷するという大惨事だったそうです。

乗る時にはちょっと覚悟が必要でした。

LINEキャラが大人気

そして、ここにはLINEの公式キャラクターSHOPがあります。

みんな嬉しそうに記念撮影していますね。

LINEのキャラクターSHOPは台湾の台北駅にもあり、東南アジアでの人気はバツグン。

ただし、香港ではメッセージアプリはLINE一択というわけではなく、欧米で主流の「Whats APP」と併用されています。

これは香港というお国柄、西洋の文化や情報もたくさん入ってくるからなんでしょうね。

ちなみにこのWhats APPはFacebookが買収しているので、同社はInstagramを含め世界の主要SNSをほとんど持っているとんでもない会社。。

日本関連のお店が大盛況

話を戻して、やはり香港も台湾と並ぶ「超」親日国。

モール内でも日本関連のSHOPはどこも繁盛しています。

こちらはお寿司屋さん。

モンスター寿司(笑)。

一体何がモンスターなんでしょうか。

大トロが一貫約700円、赤身が一貫約500円・・・なんちゃって寿司なのに価格がモンスターなんじゃないか、これ!?

やっぱり海外で和食を食べようと思ったら高くつきます。。

こちらも人気の「ドキドキ殿堂」という日本雑貨店。

ぜったいドンキから名前取っただろ(笑)。

よく分からないですがキューピーちゃんが人気っぽいです。

キューピー人形が1体約3,000円。。

・・・それはちょっとやりすぎじゃないか。

私はこうやって東南アジアに行くたびに確信するのですが、海外で日本人が日本の商品をちゃんと売れば絶対に勝てる!

日本を愛してくれる海外の人達に、正しい商品を正しい価格で提供するのは私たちの使命である!!

本気でそう思っています。

こちらはくまモンの商品を扱っているSHOP。

値付けはまぁ良心的かな。

そんなにボッタクってるわけでもないですね。

もしあなたが海外向けに越境ECを手がけているなら・・・チャンスしかないですよ。

迷わず行けよ!行けば分かるさ!!!

リスクを取って積極的にチャレンジしていきましょう。