中国が世界を制す?

中国が世界を制す?

おそらくこのままいけば、あと数年後には中国が世界を制覇していることでしょう。

あっ、これは電子決済のお話です。

たぶんAlipayとWeChatPayが世界のモバイル決済の主流になると思います。

ここ1年で、日本国内でも訪日中国人向けに上記2決済のシステム導入が普及してきました。

台湾でも香港でも、それ以外の世界中でもこの2決済システムの導入が進んでいます。
※2016年時点でこの2決済システムの取引額は何と320兆円!

なぜなら、中国からは毎年1億3千万人の人が海外旅行に行くので、受け入れ側としては少しでも売上を伸ばす為に、より「買い物しやすい」状況を世界中で作っているからですね。

ちなみに、中国の海外旅行者数は今後数年以内に2億人を突破すると見込まれています。

これは一国としては世界一の人数になりますから、これからも世界の観光市場は中国を中心に動いていきます。

つまり中国人を中心に世界中の決済システムインフラが整備されていくということですね。

このモバイル決済の何がスゴイって、例えば日本ではandroidでは以前からおサイフケータイ機能が付いていたのにiPhoneでは7になってようやく実装された、といったように、規格だ何だと言っている間に中国ではQRコードひとつでそれらの問題を解決してしまった点。
※ちょうど先日、NTTドコモがQRコード決済の導入を発表しましたね。(いまさら・・・)

スマホの機種だとかシステムだとか、そんなものは全く関係ありません。

さらに、中国国内では未だに偽札が多く出回っているという点も、普及を後押ししています。

特に最近普及が爆発的に進んでいるWeChatPayは、今のところ中国国内の銀行口座を持っていないと決済機能が使えませんが、同社がこの機能を海外にも開放した瞬間、利用者がまた爆発的に増えると思います。

日本人でも中国に銀行口座を持っていれば利用可能ですが、決済通貨は元のみとなります。

ただこれも面白い考えで、世界中のどこでも使えるのであれば別に元のまま持ってればいいじゃん、と思いませんか?

たぶん中国はそうやって元を世界の基軸通貨にしようと企んでるんじゃないでしょうか(笑)。

これらの決済システムは基本的にデビット機能なので、売り手側からすると未回収リスクがないのもポイントですね。
※買い物金額以上の口座残高がないと使えない仕組み

この2決済システムが海外に機能を開放した瞬間に、これまでの決済の常識が一変しますから、よく動きをチェックしておいたほうがいいですよ。

もう本当に現金が必要なくなる時代が近づいているような気がします。