桃園国際空港から台中駅へ。

桃園国際空港から台中駅へ。

この週末を利用して、今月も台湾出張に来ています。

今回は予定の一番最初に台中のパートナーとの打ち合わせを入れたので、桃園国際空港から高速バスを使って台中へと移動。

事前に調べた情報ではバスでの移動時間は2時間と少しくらいだったのですが、当日は週末の渋滞に巻き込まれて3時間近くかかってしまいました。。

飛行機と長距離バスの移動でもうヘトヘト・・・。

それでも、前回は台北から日帰りの為、新幹線を使って高鉄台北駅へ移動→そのまま駅のスタバで打ち合わせをしてとんぼ返りという流れだったので、今回は一泊して台中の街を歩きまくってみようと思いました。

冒頭の写真のように、なんとなく東京駅っぽい雰囲気を醸し出す台中駅は、やはり日本統治時代に建てられたもの。

東京駅を手がけた辰野金吾という人の流れを汲む、いわゆる「辰野式」というんだそうな。

台中には当時の面影が残る建物がたくさんあって、きっと日本人なら誰もが居心地のいい場所だと思います。

こちらは駅近の観光スポット、宮原眼科。

これまたノスタルジーな建物ですが、名前が宮原眼科って(笑)。

ここも日本統治時代に、日本人の宮原武熊という医師が開業した建物をそのまま使っているようです。(宮原医師は戦後に日本へ帰国)

「宮原眼科」の名前もそのまま残してあるところがマーケティングとしては最高!

ここは現在、元祖パイナップルケーキのメーカーとして有名な日出グループが運営しており、素敵なお土産屋さんになっています。

なかでも名物が「宮原眼科冰淇淋」というアイスクリーム屋さんで、ご覧のように週末は長蛇の列!!

行列の最後尾が見当たりません(笑)。

さすがにこの行列に加わる根性はありませんでした(笑)。

道端では、アイスを買った女の子達が写真をインスタにアップしています。

東南アジアは日本以上にSNSがアツい。

特に女子は皆がみんな、完全にインスタに支配されています。

あっちもこっちも完全にインスタの奴隷(笑)。

訪日外国人を集客したいのであれば、店舗商売の方は「インスタ映え」する写真を撮らせる仕掛けが大切です。

例えばこんなのとか、こんなのとか。

最近はインスタ狙いで何でもかんでもストローに差しやがります(笑)
こんなの絶対写真撮っちゃうでしょ(笑)

↑の写真は台中最大の夜市といわれる逢甲夜市で撮影したものです。

この夜市も面白かったので、また改めてブログにアップしたいと思います。