逸行:国慶節(中国)の傾向について。

逸行:国慶節(中国)の傾向について。

先日、逸行の中国担当者からこんな話を聞きました。

「ここ最近は中国の富裕層も大型連休を避けるようになってきている。」

逸行旅行社のお客さんの傾向としても、今年の国慶節は人混みを避けるために、あえて1週間前後予定をずらす人が増えているんだそうです。

まぁよく考えてみれば旅行のハイシーズンは飛行機のチケット代も宿泊代も値段が高いうえに、中国国内の空港までの移動だって大混雑ですから、ピークをずらそうというのは私たちと同じですよね。

北京駅の入り口の様子

↑の画像は先日、北京出張の際に撮影したものです。

平日の夜遅い時間にも関わらず、まるでディズニーランドの入り口のような混雑!!

連休になるとこの何十倍もの人の数ですから、国内脱出だけで一苦労です。

いや、むしろ中国国内の移動が一番つらいんじゃないか。。

もっというと、FIT(個人旅行者)の人達は同じ中国人でもうるさい団体客が嫌いです(笑)。

台湾や香港の観光客が日本に来て中国人と間違えられたくないように、中国FITの人達も「私たちを一緒にしないで!」と思っているんです。

だから彼らは、日本のお店でいわゆる「マナーの悪い中国人」と同じ扱いを受けると、とてもがっかりしてしまいます。

かといって、「私たちは違うの」と言えるわけでもない。

だったらなるべく団体旅行者が少ないタイミングで行こう、と考えるのは当然です。

・・・ということで、これから大型連休向けのPRを実施する際は、その前後1週間程度も含めて考えるようにしてください。

カレンダー上の期間だけだと、貴重な商機を逃してしまいますよ。