広告はタイミングと見出しが命。

広告はタイミングと見出しが命。

いつもありがとうございます。

この歳にしてようやくカーリングの面白さが分かった増山です(笑)。

先日、「やっぱり広告はタイミングと見出しが命だな〜」と実感したことがありました。

当社の越境EC事業で今、一番の売れ筋がダイエット系サプリなのですが、自社で保有している約9万件のリストに対して、この広告メールを打ちまくってきました。

販売開始から早3ヶ月、そろそろリストも枯れてきたかな〜と思っていたところ、香港・台湾の春節連休明けにメールを打ったら、なんと1日で過去獲得した新規顧客数の1割近い数の注文が新たに入ったのです!

やったことはメールのタイトルを変えただけ。

本文その他広告の部分は全てそのまま。

具体的には、これまでは「ダイエットを決意したけど甘いものがやめられないあなたへ」というタイトルでメールを送ってきました。

あっ、このタイトルもかなり反響率が高いので、ダイエット系の商材を扱っている人はどうぞパクってください(笑)。

そして今回、同じリストにも関わらず大ヒットしたタイトルがこちら。

「連休中に食べすぎてしまったあなたへ」

やっぱりタイミングに合わせた見出しは効果絶大です。

リストは変わっていないので、おそらく今回注文してくれた人たちは「過去に何度かメールを開封しているものの購入までには至らなかった」という人が多いような気がします。

ということで、自社保有リストが枯れてしまったと嘆いている人は、ぜひタイミングと見出しを工夫してみてください。

あなたの保有リストの価値は、きっとまだまだ高まると思いますよ。