Evergreen Asset(金のなる木)。

Evergreen Asset(金のなる木)。

マーケティング用語で「Evergreen Asset」というものがあります。

これはそのまま「永遠の資産」という意味で、主にめちゃくちゃ売れてる広告のことです。

たとえば「初めての方にはお売りしません」のインパクトが強烈なドモホルンリンクルのCM。

もう何年も何十年も、いつだって同じCM流してますよね。

ライザップのCMだって、いつだってひたすらBeforeAfterしか流していない。

なぜかというと、そのCMを流せば流すだけ新規客を獲得できるから。

そしてなぜずっと同じものを流しているのかというと、緻密なテストの結果、最も費用対効果のいいものがあのCMだから。

「金の成る木」とはまさにこのこと(笑)。

実際にアメリカでは、ある英会話の教材が40年間以上、ず〜〜〜っと同じ内容で新聞広告に使われてきました。

そしてその広告は、世界中の広告マンにパクられまくってきました。

もちろん当社もパクっています(笑)。

広告マンのあいだではあまりに有名なその見出しは、「あなたは英語でこんな間違いをしていませんか?」です。

この見出しは最強で、どんな商材にも流用できる大発明。

例えば今なら、あなたは仮想通貨投資でこんな間違いをしていませんか?とか、あなたはダイエットでこんな間違いをしていませんか?とか、このブログの読者の方なら「あなたは越境ECでこんな間違いをしてみませんか?」なんて見出しに食いつくんじゃないでしょうか。

このように、一度売れる広告を作ってしまえば、あとはず〜〜っとお金を産んでくれるEvergreen Asset。

当社の越境EC向けのLPでも、毎月毎月見出しを買えるだけで安定的に新規顧客を獲得してくれるものがあります。

こういうのがひとつあるだけで、マーケティングはかなり楽になります。

こういう資産を100個作れたらもう安泰ですね(笑)。

ウチもまだまだ沢山広告を作らねば!