逸行:顧客属性データ。

逸行:顧客属性データ。

先日、逸行旅行社から最新の顧客属性データをもらいました。

まずはこちらをご覧ください。

こうやってみると、訪日中国人(FIT)の利用空港は東京で56%、大阪で31%となり、この2つで全体の87%を占める。

最近はFITの人たちもリピーターが増えていますが、やはり訪日旅行の拠点は東京・大阪で、滞在中に地方へ足を延ばすという行動パターンでしょうかね。

顧客の申請VISAもマルチVISAが全体の1/4まで増えてきました。

やっぱりみんな日本が好きなんだな〜。

年齢層も31歳〜60歳までの一番お金を使ってくれる層が全体の約半分になっています。

年収ですが、この数字での区切りは中国のVISA申請時の区切りになっています。

1元=約16円で計算すると、25万元=400万円、10万元=160万円です。

2018年5月現在で北京の平均年収が170万円程度(公務員は400万円程度)みたいなので、この数字も信憑性があるかなと思います。

「10万元以上」という大きなくくりの内訳は公表されていないのですが、おそらく逸行では10万元代後半の層が多いのではないでしょうか。

広告掲載をご検討中の方は、ぜひこのデータをご参考になさってください。